05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

第2回 チーズセミナーのご報告(その3)

2008/06/02
                  6.1セミナー60


6.1セミナー61


お料理の3番目は《ミスティカンツァ》
イタリア語でミックスサラダの意。緑の温野菜サラダはたっぷりとお野菜もとれるし 旬の野菜の甘みや美味しさも最大限に引き出せます。今回は小松菜、スナップえんどう、アスパラをご用意。ニンニクと少し唐辛子も利かせる事でさらに食欲増進です。6.1セミナー48


6.1セミナー53
熱々に茹でた温野菜を さっとオイルで炒めて・・

         

6.1セミナー54


6.1セミナー62
デモンストレーションのときには 皆さんも作業テーブルを囲んで 写真を撮ったり、お席で説明のメモを取ったり・・様々です。
           6.1セミナー51


                       6.1セミナー44
途中、質問や疑問に答える場面も・・良く見かける光景です

6.1セミナー55



                  6.1セミナー57


     6.1セミナー58


さっぱりとワインも白に替えて フランス産の青カビのチーズ、ブルーチーズの王様といわれる香り高い《ロックフォール》を頂きます。コクと深みのある味わいのチーズに甘めのシロを合わせる事でより食べやすくなりますね。
6.1セミナー39

         

6.1セミナー48
                     

6.1セミナー47
表面を刮げて空気に触れさせる事でより美味しくなるそうです、、奥が深いですね、チーズって・・。
        

6.1セミナー56
《買ってきて食べる》だけだとわからない そのチーズの本当のおいしさ。
それを引き出し わかりやすく、又お料理等に取り入れたり、合う料理をご提案くださったり。。今回は《合う料理》、前回は《チーズを使った料理》をご紹介致しました。
各個人ではなかなか手に入りにくい、または状態のいいものを 味わって理解してまた各個人でチーズの幅が広がれば良いなと思い開催しております。

6.1セミナー26

最後に お茶とともに茶菓子で締めくくった今回のセミナー。
ご興味のある方は 気軽に遊びにいらしてください。チーズの資格を取る為のセミナーではありませんので 「水とパンと数種類のチーズを専門的に分析する」という事はしておりませんが、チーズを楽しむ、生活の一端に取り入れる又は同じ興味を持った方々で楽しい空間を共有する、そんなセミナーです。
現在東京在住の尾崎先生の美味しいものやその他の楽しい話題も魅力のひとつです。

今回参加してくださった皆様、ありがとうございました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。週末の貴重なひとときのお時間をいただきありがとうございました。
皆様の楽しい週末のお手伝いになっていればうれしく思います。

また 今回時間が合わずご参加いただけなかった皆様もぜひ次回 セミナーにご参加いただければうれしく思います。心より お待ちしております。



スポンサーサイト
05:54 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

第2回 チーズセミナーのご報告(その2)

2008/06/02
お料理の1番目は《ブラックオリーブのオレンジマリネ》
6.1セミナー12

6.1セミナー34

オレンジの皮がさっぱりとして 塩とオイル味だけのオリーブもお洒落にかつ食べやすくワンランクUPして楽しめる1品。
こちらは赤ワインと合わせていただきます。

6.1セミナー19

セミナーを真剣に聞き入る皆さん。レジメをお渡ししているのでそれに書き込んだり また旅行のときに撮りためた写真等も回覧してより今回のテーマのひとつ《食文化》等についても学びます。
6.1セミナー10

写真もご自由に撮影いただきます。いろんなアングルの写真が思い思いのカメラにしまわれていきます。6.1セミナー056


ここで登場、ピレネーのチーズ。
コクのあるセミハードタイプのチーズを2種類。
6.1セミナー40


6.1セミナー6


6.1セミナー18


6.1セミナー56

塩気もちょうどいいコクのある味わいは 赤とよく合います。今回はカットしたものとジロールという特別の道具でカーネーションのように削ったものをご用意。
花びらのように削る事で口当たりもさっぱりと優しくなるので そのまま食べても、またじゃ無を添えても美味しいです。今回は《チーズマニア》というジャムを添えていただきます。
お料理の2番目に登場は《パプリカのコンフィ》
肉厚で甘みのあるパプリカをアンチョビとニンニク、ハーブで漬け込んだ1品。赤が入るとテーブルも華やぎます。6.1セミナー11
05:15 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

第2回 チーズセミナーのご報告

2008/06/02
今回のテーマは 講師である尾崎先生の思い出の地「ピレネー」。初めての《チーズの旅》での感動や地方独特の歴史や文化をご紹介いただきました。
6.1セミナ- 1
静かなセミナー直前の教室風景

6.1セミナー2
飲み物は スペイン産の赤。飲みやすく、重すぎない赤と 甘過ぎないバランスのとれたフランス産の白をご用意。

6.1セミナー3
今回ご用意くださったのは羊系の5種類のチーズです。

6.1セミナー6
今回も晴天に恵まれ、始まったセミナーの1品目は のどを潤す《フルーツのヴィネガー》
簡単に作れる手軽さと体にいい飲むお酢を使って、さっぱりとしたオレンジのヴィネガーを炭酸水で割っていただきます。

まずはフランス産とイタリア産のさっぱりとした羊のチーズを頂きます。
これらは淡白なお味なので ワインに・・というよりそのまま頂いた方がより味がわかるためそのまま頂きます。
6.1セミナー45
6.1セミナー9

IMG_0130.jpg

6.1セミナー11

《羊》と聞くと 「臭い」「癖がある」と思い込んではいませんか?今回は 癖も少なく、また良い状態のものをご用意くださっているので 食べやすく、食べつけない方であれば
説明を受けなければ《羊》と思わず食べてしまうだろうと思うほどあっさりとマイルドな味わいのものでした。
今回の参加者の方々の中にも 数名《羊は苦手》と仰る方々がおられましたが 皆様セミナー終了時には羊のチーズに対しての見方もかわり、美味しく頂いていただけたようです。 
04:40 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。